小さな歯を守りましょう

小児歯科

お子さんの歯を正しく成長させるために

お子さんの歯を正しく成長させるために

長い人生を豊かに過ごすには、まず健康でなければなりません。中でも、食べ物を咀嚼する「歯」が健全であることは、重要な条件と言えます。

当クリニックの小児歯科では、フッ素塗布やシーラントによる虫歯予防だけではなく、正しい噛み合わせや歯並びに導く処置も行っています。お子さんが一生自分の歯で噛める喜びを感じて過ごせるように、早い時期から健康なお口を手に入れるための正しい知識を身につけて、お子さんの歯を守り育てていきましょう。

歯が生え替わる時期

乳歯が生えてくる時期

乳歯は生後6ヶ月頃から生え始め(個人差があります)、3歳頃までに20本がほぼ生え揃います。乳歯は虫歯にかかりやすいため、十分に気を付けてあげましょう。歯科医院と家庭でのこまめなケアが大切です。また乳歯の健康状態は、その後生えてくる永久歯にも影響します。「乳歯はどうせ生え替わるから虫歯になっても大丈夫」と考えて放置するのは絶対にやめましょう。

乳歯が生えてくる時期

永久歯が生えてくる時期

永久歯は6歳頃から生え替わり始め、同時にあごの骨も成長していきます。まず六歳臼歯が生え、次に前歯から奥歯の順で生え替わりが進み、最後に十二歳臼歯(第二大臼歯)が生えてすべての永久歯が生え揃います(個人差があります)。

永久歯が生えてくる時期

小児歯科の取り組み

シーラント

シーラント

奥歯は溝が深く、食べカスなどが詰まりやすくなっています。それが原因で虫歯になってしまうことも多いため、フッ素が含まれた歯科プラスチック樹脂でこの溝をあらかじめ塞いでしまう方法がシーラントです。特に生え替わったばかりの永久歯には高い効果を発揮します。

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強くする働きがあります。このフッ素を歯に塗布することで虫歯菌の出す酸に対する抵抗力が付き、虫歯予防に有効です。また、ごく初期の虫歯であれば再石灰化して完治させることもできます。

栃木県宇都宮市|診療予約|アピタ浅井歯科クリニック