歯を失ってしまったら……

義歯治療

入れ歯(義歯)の種類

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、残っている歯に金属バネをかけて固定するタイプの入れ歯です。1本から複数本の歯を失ったときに使用しますが、金属バネが見えてしまうなどの欠点があります。

総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯は、歯をすべて失った場合に使用する入れ歯です。最近は素材や技術が進化し、「噛みにくい」「違和感がある」といった欠点をしっかりカバーできるようになっています。

保険対象外の入れ歯

バルプラスト

バルプラスト

バルプラストは、金属バネを使用しない入れ歯です。金属バネがないので入れ歯であることが人に気付かれにくい上に、スーパーポリアミドというナイロン系の素材でできているため薄くて軽く、フィット感も抜群です。また、弾力性もあるため破折しにくいというメリットがあります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯に磁性金属(磁石と相性のいい金属)を、入れ歯には超小型磁石を取り付けて、強い磁力によって固定する入れ歯です。残っている自分の歯に金属バネをかける必要がないため負担がかからず、簡単に取り外し可能です。

より自然な義歯をお求めの方には

より自然な義歯をお求めの方には

どんなに入れ歯の機能が向上しても、「やっぱり自分の歯で噛むのに勝るものはない!」とお考えの方は多いのではないでしょうか? そのような方におすすめなのが、インプラント治療は歯がなくなった部位に人工歯根(インプラント)を埋め込んで人工歯を装着する方法。本来の歯と同じ「歯根」を持つ構造になるため、限りなく自分自身の歯に近い感覚と、噛む力を手に入れられます。
>>アピタ浅井歯科クリニックのインプラント治療についてはこちらから

栃木県宇都宮市|診療予約|アピタ浅井歯科クリニック