インフォメーション

インプラント治療

2020.03.18 院長日記

こんにちは!院長ちゃんです。

今日は、浅井歯科の患者さまのためのインプラント治療についてお話しますね。

浅井歯科では、一般に多くの歯科医院で使われているチタンインプラントは勿論、歯や骨の成分であるハイドロキシアパタイトをコーティングしたHAインプラントを積極的に使用しています。

その理由は、

1.歯周病で骨が沢山溶けてしまった状態でもインプラント治療が可能(適応外はあります)。

2.抜歯と同時にインプラントを埋入する抜歯即時埋入が可能。

3.治療期間が短く、外科処置が1回で済むことから、痛み、腫れが少ない(全く痛み、腫れが無いわけではありません)。

といった具合に患者さまを考えたインプラントシステムだからです。

因みに院長ちゃんはHAインプラント約2,000本の埋入実績があります。

良くインプラント治療している歯科医院はすぐに抜歯をすると言われがちです。

院長ちゃんの考え方は、治療が終了したにもかかわらず、その歯を残したことにより早期の再治療、感染の広がりにより大変な治療が必要となってしまう、残すことでより金銭的負担が近い将来に起こり得る可能性がある歯に関しては抜歯が必要と考えています。

患者さまにとって何がベストなのかを多方面から考え説明させていただき、患者さまに納得・同意していただき治療を行っています。

何かお困りの方、お悩みの方、どんな些細なことでもお気軽に院長ちゃんに相談下さい。