審美・美容美容医療

審美治療 美容イメージ

せっかく虫歯や歯茎の治療、またはセラミックやインプラント等で歯をきれいにしても、その口元である肌にシワやたるみがあったり、かみ合わせや食いしばりが強くて歯がかけたりしやすければ、素敵な笑顔が半減してしまいます。

鏡をみるたびに、メイクするたびに、もう少し肌の質感が若々しかったらという悩みはつきないものです。歯はホワイトニングで白くなったのに、唇や口元がもっとふっくらしていたら、そんなことを考える機会はどなたにでもあるでしょう。

当院では認可を受けた安全なヒアルロン酸、ボツリヌストキシンを用いた注入療法で、歯医者に通っているという気軽な感覚を残しつつ、お口周りに限り、アンチエイジング治療を受けることができます。
(※ボトックスとは米国アラガン社の商品名です。正式な医薬品名はA型ボツリヌストキシン製剤です)

ボツリヌストキシン製剤を使用した歯ぎしり・食いしばり改善治療
ボツリヌストキシン注入治療は、しわの原因となる筋肉に天然のたんぱく質を注射することで、筋肉をリラックスさせてしわをできにくくする治療方法です。
歯ぎしり・食いしばりの治療にも大変有効とされています。
エラ(咬筋)に注入することにより、歯ぎしり・食いしばりが改善されて、顎関節の痛みや頭痛、肩こり等からの解放、歯や被せもの、詰め物の脱離、破折防止につながるだけでなく、咬筋の働きを弱めることによって顎のラインがすっきりして小顔効果が期待されます。

ボツリヌストキシン製剤治療の流れ

ボツリヌストキシン製剤治療のよくあるご質問

Q. 副作用はありますか?

A.個人差はありますが、治療後数日は注射した部分に少し痛みや違和感が残る場合などがあります。
また直後は皮下出血が起こることがあります。
また、食べ物が噛みにくいといった感覚を覚えますが段々慣れてきます。

Q. 注射の痛みはありますか?

A.針を刺す時にチクっとした痛みがありますが、麻酔の必要はほとんどありません。

Q. 施術後にお化粧は大丈夫ですか?

A.過度に注入箇所をこするなどしなければ当日から大丈夫です。

Q. サウナや顔のエステ、マッサージ、スポーツクラブ等の激しい運動などは施術後大丈夫ですか?

A.ボツリヌストキシンは熱に弱く、また他部位に拡散すると効果が出にくいことがありますので施術後3~4日位は避けた方がよいでしょう。

Q. その他気を付ける点は?

A.不妊治療中や妊娠中、授乳中の方、ケロイド体質の方、ニキビ、アトピーなど注入箇所周辺が化膿している方、筋肉や神経に影響を与える病気、糖尿病、賿原病の方、抗血栓薬を服用中の方、15歳未満の方などは施術を控えさせていただいております。

歯科で出来るヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注入 イメージ

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質で、若いうちは量も豊富でみずみずしく、ハリ、ツヤのある肌を維持しています。しかし、加齢とともにホルモンの関係でどんどん減少してしまい、肌のたるみやシワの原因につながります。当院で、体内にあるヒアルロン酸と同じ成分である活性ヒアルロン酸を定期的に注入することで、お口元の老化を防ぐことができます。
当歯科医院でも、法令を遵守し、歯科口腔外科領域にある、ほうれい線、口唇、歯肉退縮(ブラックトライアングル)などアンチェイジング治療が可能です。インプラント、セラミック補綴後のスマイルラインのキープにも寄与します。

ヒアルロン酸注入の流れ

ヒアルロン酸のよくあるご質問

Q. 痛みや副作用はありますか?

A.個人差はありますが麻酔クリームを塗るので痛みはほとんど感じにくいです。 もともと体内にある物質のためアレルギーなどは少ないですが、極まれな確率で起きる方もいらっしゃいます、その時はヒアルロン酸を分解するお薬を使用いたします。

Q. 施術後、お化粧は大丈夫ですか?

A.すぐお化粧しても大丈夫ですかが、あまり注入箇所をこすったりしないようにしてください。

Q. 施術後のお顔のエステ等は?

A.マッサージやエステなどは注入後数日はお控えください。

Q. その他注意する点は?

A.注射した部位に軽い内出血や凹凸がでることがありますが1~2週間位で消失していくことがほとんどです。注入当日から翌日くらいにかけて腫れぼったく膨らみが出ることもあります。
長風呂や過度の飲酒、運動などは腫れや内出血を起こしやすくなるので当日はお控えください。ケロイド体質の方、賿原病、自己免疫疾患をお持ちの方、アトピーの方、妊娠されている方、授乳中の方、注入箇所がニキビ等で化膿している方、糖尿病、抗うつ剤を服用中の方、抗血栓薬内服中の方は施術をお控えください。