インプラント治療

  • インプラント治療へのお悩みを解消しませんか?
  • ドクターだけではなく、担当衛生士による行き届いたサポートを受けてみませんか?

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療とは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にネジのような形をしたインプラント体(人工歯根)を埋めて、上から人工歯を被せる治療法です。「顎の骨にネジを埋め込む」なんて聞くとすごく大変な手術のように思えるかもしれませんが、世界中で実績のあるとても有効な治療です。

インプラントが選ばれる理由

選ばれる理由その1

硬いものでもしっかり噛める

インプラントは顎の骨にしっかりと固定されるため、入れ歯のような浮き・外れ・違和感がありません。リンゴやおせんべいなど、硬い食べものも不自由なく噛めるので、食事のストレスがありません。

選ばれる理由その2

まわりの健康な歯に悪影響を与えない

部分入れ歯やブリッジは、固定するためにまわりの健康な歯を支えにする必要があります。失った歯にかかるはずの力を左右の歯で支えなければならないため、健康な歯にダメージがかかり、歯の寿命を縮めてしまいかねません。

選ばれる理由その3

美しく自然な流れを取り戻せる

インプラント体の上に被せる人工歯は、色・質感・透明感のどれをとっても元の歯と見紛うほどに見た目が自然です。しっかりと固定するため違和感はなく、入れ歯のようにバネなどが見えることもありません。1本の歯も、全体の歯並びも、人目にわからない自然な仕上がりになります。

選ばれる理由その4

顎の骨が痩せず若々しさを保てる

歯を失うと咬む刺激が骨に伝わらなくなり、時間とともに顎の骨がやせてしまいます。顎の輪郭がやせ細ったり、口元にしわができたりする要因にもなってしまうのです。入れ歯やブリッジなど上から被せるものではこの進行をカバーすることはできません。しかしインプラントは顎の骨に固定されるため咬む刺激がダイレクトに伝わり、顎の骨のやせ細りがありません。また、咬み合わせの変化を防止できるうえに、脳への刺激も伝わるため認知症防止も期待できます。

選ばれる理由その5

長年にわたって使用できる

インプラントの素材は耐久性に優れ、もろくなったり、さびたりすることがありません。入れ歯のような調整や再作製も必要ありません。人工素材なので虫歯になることもありませんが、歯ぐきや顎の骨などの歯周組織は変わりないため、メンテナンスを怠るとインプラントの歯周病ともいえるインプラント周囲炎になる場合があります。インプラント周囲炎は、ブラッシングと定期検診を続ければ予防でき、インプラント周囲炎を予防によって大切なインプラントを長年使用できます。定期的にしっかりと手をかけてあげることで、長く大切に使い続けることができるものなのです。

入れ歯・ブリッジとの違い

インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
治療方法
インプラント
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。
入れ歯(保険適用の場合)
1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。
ブリッジ
横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

おすすめするHAインプラント

インプラントは、世界中でたくさんのメーカーが製品(インプラントシステム)を開発しており、それぞれの医院・ドクターが治療方針にあわせてインプラントシステムを選んで採用しています。当院では特におすすめしたいインプラントシステムがあります。患者様の負担をできるかぎり抑えられる「HAインプラント」です。
HAインプラントとは、チタンインプラント表面に人工的な歯と骨の成分であるハイドロキシアパタイトをコーティングした白いインプラントです。症例によっては歯を抜いた当日にインプラントを埋入できる(抜歯即時埋入)ため歯肉の切開剥離を必要とせず、手術、麻酔、通院、痛み・腫れを感じる回数を減らせる、患者様想いのインプラントであるのが一番の特長です。
また、骨との接合も細胞レベルの結合(バイオインテグレーション)により強固なものとなります。

HAインプラントは抜歯と同時にインプラント体の埋入が可能であり、骨造生治療などを必要とする確率も低くなるため、手術回数が少なくなって負担を少なくできるのです。

おすすめするHAインプラント