インプラント治療治療の流れ・メンテナンス

インプラント治療の流れ

STEP01 カウンセリング・検査

まずは、ドクターがインプラント治療へのご希望や現在のお悩みをお聞きします。リラックスして自由にお聞かせください。
その後、事前検査としてお口の中の写真やCT・レントゲン撮影、咬み合わせの検査・高精度体成分分析装置などを使ってインプラント治療を行うか行わないか、またその場合にはどのような治療法が適しているかを判断するための材料を集めます。

STEP02 診断・治療計画のご説明

検査結果から診断を行い、患者様のご意向に沿った治療計画を立ててご提案します。ひとつひとつわかりやすくご説明しますが、わからない点、不安な点、希望と異なる点などがありましたら気兼ねなくお伝えください。患者様にご納得いただける治療計画が完成するまで、治療に入ることはありません。

STEP03 同意書の作成

治療計画などにご納得いただけた場合に、治療に同意していただいたことを証明する同意書を作成し、ご記入いただきます。
安心・納得をしていただかないかぎり、強引に治療に入ることはありませんのでご安心ください。

STEP04 インプラント埋入手術

顎の骨にインプラント体を埋入します。埋入手術を含むすべての外科処置は衛生管理が行き届いた診察室あるいは手術室で行います。インプラント手術後は、院内にある安静室でソファーでおくつろぎになり、ゆったりと体を休めていただけます。

  • ※症例によっては抜歯と同時に埋入を行う抜歯即時の手術を選択することもあります。
  • ※選択するインプラントによっては、1回で手術が完了する場合と、数ヶ月の治癒期間を経て2回目の手術を行う場合があります。

STEP05 歯の型取り

最後に装着する人工歯(被せ物)を作成するための型取りを行い、作製に入ります。

STEP06 人口歯の装着

埋め込んだインプラントに人工歯を装着し、インプラント治療が完了です。

STEP07 メンテナンス

インプラントを長持ちさせられるかどうかは、治療後のケアにかかっています。ご自宅でのブラッシングはもちろん、当院での3ヶ月に一度の定期検診にもお越しいただきます。また、全身の体調管理もしていきます。
なお、当院では適切なメンテナンスをされた患者様にかぎり、インプラントの保証を行っています。

メンテナンス

インプラント治療後にはメンテナンスが必要です。「インプラントを埋め込んだらおしまい」というわけではありません。人工歯が虫歯になることはありませんが、歯周病のような状態「インプラント周囲炎」を引き起こすことがあります。

インプラントのまわりの歯ぐきやインプラント体を支える顎の骨に炎症が起こる病気で、いわばインプラントの歯周病です。インプラント周囲炎が進行すると、インプラントを支える顎の骨が溶けて失われ、インプラントが抜け落ちてしまったり、咬む力によって折れてしまったりすることもあります。

当院では基本のメンテナンスとして実施しています。

患者様歯並びにあわせたブラッシング指導 + 3ヶ月に1度の定期健診(担当衛生士が専任でケア)

ケアの大切さを強く意識しましょう

インプラント自体は半永久的に使えるものですが、肝心なのはインプラントを支える周囲の組織の健康状態です。患者様のケア次第でインプラントの寿命が決まるといっても過言ではありません。

大切なのは「これまで以上にしっかりとケアをしよう」と強く意識することです。特に、ケア不足で歯周病になり歯を失ってしまった方は、今までと同じ意識でいてはすぐに口腔内の衛生状態が悪化しかねません。それでは、インプラント周囲炎になってインプラントを失う可能性が出てしまいます。